Compliance
コンプライアンス活動とは

「コンプライアンス」と言った場合、ある時は法令遵守という意味で言われたり、またある時は企業倫理・経営倫理との関連で論じられていることもあります。さらには、リスク管理の一環としてコンプライアンスを論じることもあります。一般的には、『社会秩序を乱す行動や社会から非難される行動をしないこと』とされています。

行動基準項目
  1. 私たちは、あらゆる企業活動の場面において、関係法令および社内規程はもとより、利害関係者と取り交わした契約や約束を常に遵守し、全ての企業活動が正常な商慣習と企業倫理に適合したものになるよう努めます。
  2. 私たちは、あらゆる企業活動の場面において、全ての人の基本的人権と個性を尊重し、オープンなコミュニケーションに努めます。
  3. 私たちは、全ての利害関係者に対し、誠実に接するとともに、公平・公正かつ透明な関係を維持しフェアな取引を行います。
  4. 私たちは、会社の正当な利益に反する行為や会社の信用・名誉を損ねる行為を一切行いません。
  5. 私たちは、常に社会人としての自覚を持ち、高い倫理観に基づき、社会的良識に 従って行動します。
行動基準の義務と責任
  1. 私たちは、この企業行動規準に定める事項を遵守する義務を負い、誠実に実行しなければなりません。殊に、役員と管理職は、率先垂範して手本を示す責任があります。
  2. 役員は担当する部門の全ての従業員が、また管理職はその管理下にある従業員などが、この企業行動規準を遵守するよう指導・監督しなければなりません。
  3. この企業行動規準に従った企業行動の確実な実施を確保するため、関係各部門は、関係法令・社内規程・業務マニュアルなどを含め、この企業行動規準に基づく行動マニュアルなどを速やかに「コンプライアンス・ガイドライン」として制定し、具体的な遵守事項の周知徹底・助言・指導など、必要な活動を展開しなければなりません。
Facebook
Twitter

LIVEAXLE © 2016

ページトップへ